2020/08/05
もうお腹いっぱいです、と言うほどに、新型コロナ肺炎の新規感染者数が報道されます。 感染者数の多さに驚きますが、自覚症状の少ない方が多いのにも驚いています。 こんな中で、必ず着用しなくてはならないマスク、もしくは透明なフェースガード 何か、しっくりこないと言うか親しみが沸かないというか、モヤモヤ感がありますよね。...

2020/07/22
7月15日の夕方に小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)の最新の公募要領第6版が公開されました8月7日の締め切り直前に、公募要領が改定されるなんて状況に驚きです。この改訂の中で加点審査項目で明記された内容について解説します。

2020/07/09
少し前なら、社内の飲み会やイベントなど社内コミュニケーションを活性化することで、職場の一体感を醸成する企業が増えてました。 運動会や社員旅行を復活させたり、飲み会の経費まで負担する会社もありました。 しかし、今は一緒の時間を共有することは、 ソーシャルディスタンスで、難しくなりました。 去年の今頃なら、...

2020/06/23
資金繰り改善の施策として家賃支援給付金が新しく始まりました。新型コロナウィルス感染症の影響により、売上が大幅に低下したサービス業は多い事だと思います。 資金繰りで重荷になっているのが、テナント家賃(固定費)ではないでしょうか? この負担を軽減するために設けられたのが、「家賃支援給付金」です。

2020/06/08
NHKが国内の大手企業にアンケートを行った結果、9割の企業がWebでの面接を実施すると答えたそうです。このうち4割がWeb面接のみで内定を出すと回答しました。新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、対面が中心だった採用面接は、大きく様変わりすることになった訳です。

2020/05/21
5月1日に民間金融機関における実質無利子・無担保融資が始りました。日本政策金融公庫の特別利子補給がある「新型コロナウイルス感染症特別貸付」を申し込んでも、最終的な融資までは2ヶ月~3ヶ月になる模様です。少しでも早く資金調達をしたい事業者は、民間金融機関の実質無利子・無担保融資を活用してください。

2020/05/06
持続化給付金とは新型コロナウイルスの感染拡大によって影響を受けた事業者に支払われる「給付金」です。対象は、大企業を除き、中堅・中小企業、フリーランスを含む個人事業主です。

2020/04/22
事業経営のモノサシについて、この時期にしっかり把握してみませんか?「資金繰り」・「計数管理」・「決算書」の数値を把握しましょう。どんぶり勘定から卒業しましょう。

2020/04/08
気を付けなければいけないのが、このデマやフェイクニュースを社員・アルバイトが周りに広めてしまうことです。場合によっては、勤務先なども開示されて、炎上の矛先が会社に向かってきます。社会人としてのSNS活用をこの時期に徹底する必要があります。

2020/03/26
今年の補助金活用は、大きなテーマがあります。 それは、「生産性革命推進」です。 専用のサイトを参照しますと… https://seisansei.smrj.go.jp/

さらに表示する